第6回 かごの話 横須賀雪枝

「このかごはどんな使い方をするものでしょう?」と問われて、即答できる人はそういないと思う。写真のかごは「肥料ふりかご」と呼ばれる畑に肥料を撒くためのもので、宮城県仙台市郊外で作られている。

『民藝』という雑誌の編集者だった頃、手工芸品の調査に同行させてもらい、このかごの作り手を探し訪ねたことがある。都市化が進む仙台の街からほんの少し校外へ車を走らせただけなのに田畑が広がるのどかな地域だ。

お訪ねしたのは、農業のかたわら、このかごや箕を作っているという50歳代の女性だった。突然の訪問に驚かれながらも、我々を招き入れてかごを作るところを見せてくれ「近所のおじいさんに作り方を習い、作りはじめた。かご作りが好きなんです」と話してくれた。

このかごの材料は、孟宗竹や真竹のような太くて強い種類の竹ではなく、篠竹という柔らかく細い竹を使う。その用途のかごとして、このかたちはさほど特殊ではないらしいが、いわゆるかごは、編みながらそのかたちに立ち上げていくものが多いのに対し、これは平面状に編んでから、箱を作るように四方をたたみ、麻糸で縫うという少し変わった方法で作られる。竹の間に桜の皮をはさみ、そのすき間から肥料がもれないように、さらに間に葛糸をはさんで編んである。その作り方は「編む」というより「織る」という感じ。桜の皮と篠竹はまさにたて糸とよこ糸の関係である。

とても絵になるかごだ。それは木を荒く削っただけのハンドルのおかげもあるだろう。裏の山で採ってきた木を、持ちやすいように削っただけのハンドル。このシンプルさがいい。ぜひひとつ家においてマガジンラックや乱れかごにしたりして、使ってみたいと思ったが、そんな風に転用ばかりされて本来の目的のために使われなくなるのも寂しいと思い質問したところ、地元では農作業用としても、ちゃんと販売されているらしかった。実際にこれを使って畑に肥料を撒く姿を見ることはできなかったが、勝手にその姿を想像してみる。「落ち穂拾い」を描いたミレーの絵の中の農民達が持っていたっておかしくない美しさだ。

かつて日本中で作られていた竹細工は、作り手の高齢化や消費の低迷などにより、消えていったものが少なくない。一度作り手を失って途絶えた仕事を復活させるのは至難なことである。人々の暮らしが激変しているのだから仕方ない面もあるが、日本の美しい田園風景とそこで作り使われる手仕事はぜひ残し大切に守って欲しいこの国の財産だと思っている。

コメント(4 件)

  1. 河岡 恭弘

    ご無沙汰いたしております 
    昔々 越中八尾の民藝夏期学校ではお世話になりました
    いま 日本の伝統食を考える会(大阪)の会員として
    全国を旅していますが 昨年 天竜川をさかのぼり
    日本茶の現状を探る旅を いたしました
    その際 ご案内いただいた作家の飯田辰彦さんが
    今度 日本茶の本を出されることになり
    あなたの このホームページにいきつき
    僭越ながら 飯田さんにも ゆずりはの事を
    紹介いたしました
    また 飯田さんから なにか コンタクトが
    あるかも知れませんが こうした次第ですので
    お許しください
    この秋には 今度は大井川をさかのぼり 日本茶と紅茶の
    生産者をおとづれる旅を企画しています
    暑い夏 お気をつけて ご健勝に
     私はいま自宅で きまぐれぎゃらりぃ 一颯かん という
    豆本と書票屋を しています  
    昨年 日本豆本協会が結成され
    若い方たち約100名が 豆本の制作をしています
      では 突然のコメントで 失礼

  2. JohnnieStoth

    оплата штрафа гибдд проводки в 1с

    гбдд66 проверить штрафы по номеру постановления

    Delete this!
    Удали это!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*