つくる つかう たのしむ

2007年1月から12月まで、大修館書店発行の月刊誌『言語』の巻頭カラーエッセイを12回連載させていただきました。「つくる つかう たのしむ」というタイトルの連載でした。その時の文章と写真をここに掲載して、皆さんに読んでいただきたいと思います。

写真はカメラマンの米谷享さん、写真と本文のデザインは横須賀拓、大修館編集部の小林奈苗さん、撮影に場所を提供して下さった友人の半田ナナ子さん、いまさらながらありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*